全国大会・地区大会
全国大会・地区大会
会員交流
会員交流
組織・連携団体
組織・連携団体
書籍・DVD・グッズ購入
書籍・DVD・グッズ購入

東京支部より

会員研究発表会 発表者募集!!
日時:3月23日(土)13時~16時(予定)
発表者は現在選考中。Zoom配信、参加費無料です。
問合せ先
moriyamatakayuki@outlook.jp(守山)

 

◆中四国支部より

2022年1月28日、楯築ルネッサンスフォーラムが岡山大学で開催され、その3部で倉敷市長から、楯築遺跡の給水塔の撤去方針が説明された。
楯築ルネッサンスフォーラムの目的は、そもそもまず給水塔の撤去を求める為だったので、予想以上の展開に、我々も驚いている。
第一部では松木武彦さんが、紀元前1世紀の九州の墳丘墓から、紀元2世紀には出雲の四隅突出墓と吉備の楯築墳丘墓を中心とした流れがあり、続いて、古墳時代に繋がる三つの流れを指摘。松木さんは少し長生きしていれば、107年に後漢に使いして倭王に任命された、
帥升り墓が楯築であると、遂に大胆に指摘。
第二部では岡大の清家・松本教授がアーティストのコメントを受けて、「アートの弥生古墳時代史」を語る。
第三部では、伊東市長は入念に準備して、給水塔撤去と水道水の確保、遺跡の保護・観光振興の両立について語った。
最後にまたそれぞれの市長に決意を聞いたら、赤磐市長も「両宮山古墳の周辺にカフェ等も整備したい」と述べた。
今年春には、造山古墳そばの千足古墳の整備が完了し、一般公開が始まる。
また秋には造山古墳墳頂部の発掘が始まり、石室の存在が確認されるはずだ。
そして25年以降には楯築の発掘調査と整備も始まるだろう。
まさに今回の松木教授の「楯築遺跡は保王の墓か」が解き明かされ、造山古墳も倭王の墓かも展開していく可能性がある

中四国支部のホームページ
https://shijituganok.memo.wiki/d/%c1%b4%b9%f1%bc%d9%c7%cf%c2%e6%b9%f1%cf%a2%cd%ed%b6%a8%b5%c4%b2%f1%a1%a6%c3%e6%bb%cd%b9%f1%bb%d9%c9%f4

■論文集編集委員会より

今、アマチュア古代史研究家の論文がアツい!
「私の邪馬台国論・古代史論」がついに本になりました!!

会員論文集
『みんなの邪馬台国』創刊号-27人の古代史論-
すでに皆様のお手元に届いているかと存じます
国会図書館にも永久保存されました!

これから各支部にて各地の図書館などへの寄贈も予定しております。
執筆者の皆様、広告掲載くださった皆様、誠にありがとうございました。

▶追加注文するには…
編集委員の鈴木浩史委員が書籍専用アドレスを開設しています。
ご注文の方は下記アドレスまでご用命ください。
一般価格1,500円。※全邪馬連の会員の方は1部1,000円となります。

書籍注文係(鈴木委員)
zenyamaren.book@gmail.com

全邪馬連からのお知らせ

■会員管理より >>

全邪馬連は、アマチュア古代史研究家による日本で唯一の全国組織です。
●全邪馬連は、会員の皆様の会費によって運営されています。

会費納付が不確かな方は、会員管理・槌田(メールアドレス;zenyamaren.kaiinkanri@gmail.com)までお問い合わせください』

《振込先》
1.郵便局振込みの場合
郵便振替口座 00140-9-600752
加入者名;全国邪馬台国連絡協議会
※ご依頼人の住所、電話番号、氏名と共に会員ID番号の記載をお願いします

  1. 銀行振込みの場合
    ゆうちょ銀行019店 当座預金口座 0600752

    全国邪馬台国連絡協議会 この場合もお名前と共に会員ID番号の記載をお願いします。

政府のコロナ政策も緩和の方向に向かっています。
本年もよろしくお願いいたします。
全国邪馬台国連絡協議会 会長 井上筑前

《全邪馬連ホームページ》より

《全邪馬連ホームページ》より

◆全邪馬連HPへの投稿をお待ちしています◆

◆ピックアップ論文◆

「私の邪馬台国論・古代史論」を募集しています。
「我が著書を語る」コーナーを活用ください。

※ホームページに関するお問い合わせは、zenyamaren2020@gmail.comまで。

「我が著書を語る」
『邪馬台国 それは、、、の地に』(有)学修院  2023年10月 一一一一一(ミツイカズヒト) 天川勝豊

『私の邪馬台国論』『私の古代史論』
 

 

東アジアの古代文化を考える会

東アジアの古代文化を考える会←詳細はこちら

【2 月講演会のご案内】⇒ 会場講演+オンライン(ZOOM)同時配信
『縄文時代から弥生時代における土偶と石棒ー東日本系儀礼の西遷ー』 
■日 時 : 2 月 3 日(土) 14 時~16 時半 終了予定
■講 師 : 寺前 直人先生(駒沢大学)
■会 場 : としま区民センター 601/602 号室 (池袋駅東口徒歩5分)
■参加料 : 会場参加=会員 1500 円、一般 1800 円、学生 500 円
ZOOM 視聴代 1000 円
■照会先 : 稲垣 TEL 080-4097-1757
メール inagaki34214590@yahoo.ne.jp
■講師の言葉
紀元前一千年紀前半において日本列島西部は、本格的な農耕社会段階にはいる。ただし、その移行期は数百年に及ぶことが、明らかになりつつある。この期間は南北に長い九州島から本州島において農耕社会と非農耕社会が併存し、それらが互いに影響を与えるあうことを通じて、各地に独自の多様な文化を育むことになった。本講演では、その具体的なメカニズムを列島中央部(東海西部・近畿地方)にみられる土偶や石棒の系譜を分析することによって明らかにする。さらに、列島中央部にみられる祭祀形態に東日本在来の儀礼的器物の影響という観点から整理することによって、当該地域の初期農耕社会が前段階である縄文的社会を志向し、その社会構造を保持したうえで構築された農耕社会であることを論じる。

<聴講・申込方法>
・会場参加の方は、下記会場(としま区民センター)に直接お越し下さい。事前申し込みは不要です。
・ZOOM 聴講希望者は 2 月2 日(金)までにメールにて「氏名、住所、メールアドレス、携帯番号(当日の連絡用)を添えて申し込んで下さい。
*メール申込先:稲垣  inagaki34214590@yahoo.ne.jp  TEL 080-4097-1757
1 参加料 1000 円を下記までお振込み下さい
みずほ銀行 九段支店 店番号532 普通預金 口座番号 8043715
口座名 東アジアの古代文化を考える会 事務局長 嶋田晋吾
2 視聴方法
・講演前日までに指定アドレスに講演会用の ZOOM の URL と資料が送付されます。

 

◆真説魏志倭人伝研究会

故・岩元正昭先生講演DVD上映会
3月3日(日)10時~12時
練馬区役所20階交流会場 参加費無料(ご予約下さい)
参加予約・問い合わせ先 守山 moriyamatakayuki@outlook.jp

機関誌『たまゆら』原稿募集!
今年こそ機関誌『たまゆら』(第4号)の発行を目指します!
【応募資格】過去に勉強会や講演会に参加された方、岩元先生の著書をお読みになった方ならどなたでもご応募できます。​
【原稿要領】ワード形式B5サイズ・縦書き・2段組・余白上下左右とも15ミリ以上・120ページ程度まで・白黒印刷。
【応募内容】古代史に関する論文・随想、漢字・歴史・文化・社会・科学に関する論説やエッセイ、短歌・俳句など。
【応募方法】事務局守山までメールでご応募ください。応募時はまだ原稿ができていなくても大丈夫です。
moriyamatakayuki@outlook.jp
【応募料金】1,000円~5,000円で検討中です(210部贈呈含む)
【販売価格】無料もしくは500円~1,000円の有料で検討中です

 

◆渡来人研究会

渡来人研究会
機関紙『渡来人研究』第9号を発刊しました!
2020年~23年にかけて研究会(掲示板等)で論議した題材を会報(538頁)としてまとめています。旧石器時代から邪馬台国論争、古墳時代から中世にいたるまでの対外交流史、古代測量の歴史を中心に取り扱っています。
【販売価格】3000円(送料別)
【購入・問い合わせ先】こちらの問い合わせフォームからご連絡ください。
サンプル動画① サンプル動画②
【研究会代表の下枝(全邪馬連北海道地区部長)が札幌で過去の会報の題材をもとに講義した際に収録したものです

◆邪馬台国の会

邪馬台国の会←詳細はこちら

■2月の講演会(第417回)
日時 2月25日(日)13:30-16:30
会場:きゅりあん6階 大会議室

  1. 「邪馬台国北部九州説」証明の論理的構造
  2. 公理論的証明(「邪馬台国北部九州説」六つの証明、その6)

 講師
元産能大教授 安本美典
■参加費
【きゅりあん(対面)参加】 一般1500円 学生1000円(会員以外の方も参加出来ます)
※入会金、年会費等は不要です。 講演会資料は、 当日会場にて配布いたします。

【ZOOM参加】
https://yamatai416.peatix.com/view よりお申し込みください(peapix)
Zoom講演 一般および学生 1200円(会員以外の方も参加出来ます)
講演会資料は、別途ダウンロード方式にてダウンロード先をご連絡いたします
ご招待メールを開催日に近づきましたら、ご招待メールをお送りします。

ホームページ(過去の講演資料が豊富に掲載されています)
https://yamataikokunokai.com/index.htm
詳細・お問い合わせは、上記ホームページより 

当会 会員募集中!

Total Page Visits: 59359 - Today Page Visits: 15