■3月20日(日)「討論型研究発表会」を開催します。

テーマ「ヤマト王権はどのようにして成立したのか」

「邪馬台国とヤマト王権はどのように関わっているのか」、「卑弥呼は天皇家の祖先なのか」、「神武東征は邪馬台国の東遷を反映したものなのか」、「纏向遺跡・箸墓古墳はヤマト王権誕生を語るのか」など、ヤマト王権の成立に関して活発な討論が展開されるでしょう。

・開催日:令和4年3月20日(日)13:30~16:30

・会 場:首都圏会場での開催を予定しています。オンライン配信を行います。参加方法などについては、別途ご案内します。
・論 者:応募は締め切りました。複数の方から異なる説の応募がありました。
論者は、<全邪馬連ニュース(2月1日号)>およびホームページにて発表します。
・問い合わせ先:zenyamaren2020@gmail.com
・主 催:全邪馬連東京支部

■「会員研究発表会」の発表者を募集中です。

・開催日:令和4年4月(日時未定)
・会 場:未定。オンライン配信も予定しています。
・応募資格:会員(今年度会費納入者)
・発表者の募集:5~6名
応募者は、テーマと簡単なコメント(数行)を2月12日(土)までに提出してください(テーマは自由です)。
発表者の審査はありません。応募者が多い場合は、次回にお願いすることがあります。
発表者は令和4年3月1日発行の全邪馬連ニュースにて発表します。
・提出先:zenyamaren2020@gmail.com
・主 催:全邪馬連東京支部

Total Page Visits: 6 - Today Page Visits: 0